225先物&個別銘柄なら…マーケットバンクにお任せください!!

マーケットバンクは、1998年にCSTVの資産運用チャンネル・インベステーション主催、クレディスイス投信、野村アセットマネジメント投信等の協賛により行われた日本初の資産運用コンテスト「S1グランプリ」 にて、株式投資のプロの運用担当者を含め1万人以上が参加する中、運用期間年利回り124%!の驚異の成績をあげ、文句なしの優勝を果たしました。

株式投資を行う上で、コンピューターを利用しリスクを分散する手法など、株式投資のプロが用いる複雑な技術を個人向けのアドバイスに応用している会社として、NHK「経済最前線」にて業界で初めて紹介され、TBSテレビ「NEWS23」でも勝ち組企業としても取り上げられました。

日経マネーを始めとする経済紙にも毎月寄稿執筆しており、雑誌編集者評価による「アナリストランキング」では、常に高位に評価されております。
初心者からベテランの方に銘柄情報や225先物情報を提供し、その信用と実績は投資顧問として高く評価されています。



最新情報 ★サービス銘柄や先物ヒントがアップされる事も…!?

数々の株式コンテストで優勝した株プロが、いまどきの相場の儲け方を伝授

https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180129-01075001-fisf-column



今月の「熱盛」銘柄 5選!!レポート

http://fisco.jp/report/single/kabu_1.html



「2018年は、個人投資家が儲けやすい年になりそうです」と語るのは、マーケ
ットバンクの岡山憲史氏だ。同氏は、1万人以上が参加した日本初の資産運用コ
ンテスト「第1回S1グランプリ」でプロの運用担当者を抑えて優勝を勝ち取った
実力者だ。また、『夕刊フジ』が主催する個人投資家に大人気の企画「株-1グ
ランプリ」でも昨年月間優勝に輝いた実績を持つ銘柄予想のプロである。2017年
の上昇相場は機関投資家が好む主力株中心の相場で、個人投資家好みの中小型
株の出番は少なかった。ところが、年明け以降の株式市場では、外国為替市場で
の円高推移を背景に「主力株が売られ、中小型株が買われる」という相場状況に
様変わりした。

とはいえ、玉石混交の中小型株の中から、一般の個人投資家が銘柄を選ぶのは難
しい。そこで、前出の岡山氏にいまどきの有望株の発掘方法を聞いた。

「株価の上昇率を競うコンテストなどは、基本、短期間でのパフォーマンスを競
うもの。ですから、時価総額が小さく、株価が動きやすい銘柄を狙うことになり
ます。まさに現在の相場で活躍している中小型の材料株が中心となるわけです」
(岡山氏)

まず、銘柄の選定だが、これは日々の上昇率ランキングなどですでに人気化して
いる銘柄をピックアップするという。そして、それらの銘柄チャートを日足だけ
でなく、週足、月足まで細かくチェックしていく。ポイントとなるのは「すべて
のチャートで右肩上がりの上昇となっているか」、また「チャートを形成するロ
ーソク足に陽線が多いか」、などをチェックすることだと指摘している。

「日々の上昇率ランキングの中には、何か理由があって瞬間的に急騰している銘
柄も少なくありません。そのような銘柄に飛び乗ってしまうと、高値つかみとな
ってしまう危険性もあります。チャートが合格点であれば、次は業績と成長性(
技術力など)の判断に移っていきます。業績についても、前期・今期・来期・来
々期まで視野に入れ、特に「売り上げ」を重点的に見ていきます。また、マーケ
ットが注目しそうな「テーマ性」を持っているかも大切です。テーマは新鮮なほ
ど、大きなリターンが見込めます」(岡山氏)

最後の仕上げに、第三者機関が発行しているレポートや会社のホームページなど
を読んで経営者の考え方や会社の将来性を判断していくという。株主還元(配当
や株主優待など)の意欲があるのかなどは要チェックポイントだ。また、時価総
額が100億円以下の小さな会社であれば。1カ月で株価倍増も夢ではないという。

岡山氏の有望銘柄のウォッチリストには数百という銘柄が常にリストアップされ
、最適な買いどきを待ち伏せしている。ローリスクでハイリターンを狙える銘柄
を発掘するにはそれなりの時間がかかるが、これを習慣化した者だけが「負けな
い投資家」になれるという。

昨今はSNSなどを活用した「イナゴ」と呼ばれるような投資方法が急速に台頭し

きている。その一方、そういった投資方法から脱却し、「自分1人で銘柄選定が

きる」ようになることが投資家としての1つのゴールだと指摘する有名投資家も

い。

岡山氏も「もちろん信頼できるということが大前提ですが、著名な投資家やプロ
のレポートを購入して、銘柄選定の手法を学んでいくことも成長への1つの近道

もしれません」と語る。「私もクラブフィスコにて1月末リリース予定のレポー

銘柄を現在選定していますが、やはり銘柄選定の「タイミング」という観点も考
慮できるため、お客さまに吸収していただけることは多いと考えています」と自
信を見せる。

週刊現代、週刊ポスト、夕刊フジ、株式市場新聞、月刊カレントなど各種メディ
アにおいて幅広く執筆活動を行っているが、そういった活動を通じて「1人でも

くの投資家の方々の役に立てるよう、これからも全力で株式相場と向き合い続け
ていきます」とインタビューを締めくくった。

<詳細プロフィール>
岡山憲史(株式会社マーケットバンク代表取締役)
1999年2月 日本初の資産運用コンテスト「第一回S1グランプリ」にて約1万人の
参加者の中から優勝。このコンテストはスカイパーフェクTVの資産運用情報番組
「インベステーション」が主催。ゴールドマン・サックス投信、クレディスイス
投信、野村アセットマネジメント投信などの協賛を得て行われたもので、プロの
運用担当者などを含む1万人以上の参加者を集めて実施。コンテストの開催時期
(98年11月16日~99年2月15日)は日本株式市場がバブル後最安値を付けに行く
最悪の環境にもかかわらず、1億円の資金を1億3112万円(運用期間年利回り124
%)に増やすという高成績をあげ、文句なしの優勝を果たす。第二回大会におい
ても、2カ月間で1億円の資金を2億1600万円に倍増させ、6位入賞。

1999年12月8日にマーケットバンク設立。18年以上にわたって株式投資で安定し

高パフォーマンスを継続して出すことのできる画期的な運用手法とサービスを提
供している。2002年1月にNHK番組「経済最前線」にて独自の投資支援システムが
紹介される。2005年12月TBS番組「筑紫哲也のNEWS23」にて勝ち組企業として紹

される。
情報サイト「クラブフィスコ」にて、1月末リリース予定で【「熱盛」銘柄5
選!!
レポート】を担当するなど、活躍の場を広げている(同レポートは現在申込みを

け付け中です)。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今月の「熱盛」銘柄 5選!!レポートは1月31日(水)の大引け後、
17:00ごろめどにリリース予定です。乗り遅れにはご注意を!!

値段:10,800円(税込み)
http://fisco.jp/report/single/kabu_1.html

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今注目したい、熱い5銘柄を特別にご紹介いたします!!!
プロが厳選した銘柄なら安心という初心者の方、
もう一段株式投資のレベルを上げたい...と考えている玄人の方
皆様にきっとご満足いただけるレポートになると感じています。

本格的な決算期に入ってしまい、動きにくいと感じている投資家の方々も
多い今だからこそ、是非お買い求めいただければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※この『クラブフィスコ 号外』はクラブフィスコの会員様にお送りしました。
※お問い合わせ方法※クラブフィスコにログインして頂き、表示される画面の
上部右側にあります「お問い合わせ」からご連絡ください。
----------------------------------------------------------------------
※ご注意・ご確認※
当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とした
ものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるよう
お願い致します。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社
及び本情報提供者は一切の責任を負いません。本文、データなどに関しまして
は、著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方
の本来目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません。
----------------------------------------------------------------------
株式会社フィスコ 〒107-0062 東京都港区南青山5-4-30
┏━━━━━┓        CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex 2F
┃CLUB ┃       ・CLUB FISCO :http://fisco.jp/
┃FISCO┃       ・About Fisco:http://www.fisco.co.jp/
----------------------------------------------------------------------

株式会社フィスコ
FISCO Ltd


2018/2/19発売

週刊ポスト3月2日号


『[雨天の友こそ真の友ーそれは投資セオリーにも当てはまる]日経平均3000円大暴落をものともしなかった商品はどれだ 恐怖相場ではっきりした”それでも安心”な老後マネー投資先』に弊社代表の記事が掲載されています。

 

「株-1グランドチャンピオン大会」出場決定!!

夕刊フジ主催の株ー1グランプリ1月退会に優勝した弊社代表は 先に行われた1月~5月に優勝した5名での予選に勝ち抜いて12月から開催される「株-1グランドチャンピオン」大会に出場が決定しました。

 

「株ー1グランプリ優勝」

2017年1月に始まった夕刊フジ主催の「株ー1グランプリ」において代表岡山が優勝することができました。(1ヶ月間で3銘柄の合計パフォーマンスを競います)最終のパフォーマンスは155%と断トツの結果となりました。

 

平成29年6月8日

個人情報流出再発防止対策

平成29年5月8日(月)に発生致しました弊社のデイリーレポート夕刊を送信する際に会員様の個人情報(お名前、メールアドレス)がオープンになってしまい、多大なご心配ご迷惑をお掛け致しましたこと、改めて心よりお詫び申し上げます。

<原因>

通常は、マーケットバンクデイリーレポートを送信する際に専用のパソコンを用いて、専任担当者責任の元、複数チェックをして細心の注意と確認を行ってメール送信を致して参りました。

この日に限り、責任担当者の家族に急変が起き帰宅せねばならなくなり、急遽代行者が入力発信することになりました。その際、デイリーレポート夕刊の配信者リストを「BCC」ではなく、「宛先」に入力して送信してしまったことが原因です。

<今後の対応>

どのような状況においても宛先やBCCを入力する際に声を出して確認します。

さらにメール送信の際は必ず複数チェックを徹底します。


2018/2/21 ブログ更新しました。

『2月21日 前場概況』

『潮流 115号 marketpress』

是非ご覧ください。


2018/2/21 ホームページ更新しました。


2016/7/7

弊社のホームページと電話番号を利用して銘柄を配信する業者がいますので、気を付けて下さい。

不明なことに関しては直接弊社へお問い合わせ下さい。




弊社オススメ!無料トライアルで体験してみませんか?

 




個別銘柄・個別報酬☆弊社のモットー☆

お客様の資産運用に最も必要なことは、大きなリスクをとって高いパフォーマンスを狙うのではなく、株式投資を通じて如何に資産価値を高められるかということです。

弊社の個別銘柄・個別報酬直接助言は、お客様の資金ポジションを常に把握し、お客様の投資選好にあった銘柄を助言致します。売買のご案内だけでなく、利益確定値・ロスカット値を設定することにより、リスクを最小限に抑え、売買効率の良い資産運用をモットーとしております。

資産の運用効率を高め、より大きな成果を狙いたい方は弊社の個別銘柄・個別報酬直接助言会員に!

 

 


◎週刊ポスト3月2日号38・39ページ『[雨天の友こそ真の友―それは投資セオリーにも当てはまる]日経平均3000円大暴落をものともしなかった商品はどれだ 恐怖相場ではっきりした”それでも安心”な老後マネー投資先』に弊社代表の記事が掲載されています。

◎モノクロ・ザ・マネー22ページ『16人の株のプロが投票 株大賞大発表!』・48・49ページ『安く買える 負けない株 最新辛口ランキング』に弊社代表の記事が掲載されています。

◎週刊現代11月18日号46・47ページ『本誌独自調査で「買った銘柄」が判明!日本株を爆買い 外国人投資家は日本経済の行く末をこう見ている』に弊社代表の記事が掲載されています。

◎夕刊フジ+ネットマネー社の共催による「株-1グランプリ」において本年最初の1月大会で弊社代表が優勝致しました。(夕刊フジ2017年1月24日、及び1月31日付の当該記事に掲載されています。)

◎マネーポスト10月1日号増刊36~37ページ『10万円で買える爆騰株「上がる株」最強ラインナップ 厳選15』に弊社代表の記事が掲載されています。

◎ネットマネー3月号94ページ『1カ月で上がる短期決戦株5』に弊社代表の記事が掲載されています。

◎宝島6月号61~62ページ『株の専門家45人に緊急アンケート実施 2万円大台乗せ「日経平均」は殊にの年末「最高値」になる!! 日本株スペシャリスト 2015年日経平均株価予想』に弊社代表の記事が掲載されています。

◎日経マネー3月号121ページ『株の達人に聞く、今月の注目銘柄』に弊社代表が掲載されています。

◎夕刊フジ+ネットマネー社の共催による「株-1グランプリ」において本年最初の1月大会で弊社代表が優勝致しました。(夕刊フジ2014年1月28日、及び2月3日付の当該記事に掲載されています。)



☆225先物 2018年月別実績

  1月   -  280円    3勝  5敗

   合計  -  280円       3勝  5敗 

                               (勝率37.5%)

 

過去の実績はこちらからご覧になれます。

http://marketbank.jp/sakimono.html




HOME | 225先物直接助言会員 | 個別銘柄・個別報酬直接助言会員 | スポット銘柄会員(一般会員) | 無料トライアルお申し込み | 資料請求
会社案内 | 個人情報保護方針 | 特定商取引法 | 有価証券等に係るリスク | サイトマップ | ご意見・苦情の申し立てについて